抵当権

不動産の担保設定

銀行から融資を受ける際には必ず担保を要求されます。どんなに取引実績があろう
とも、無担保での融資には応えないのが銀行を含めた金融機関なのです。担保で一
番多いのは家や土地に対する抵当権、あるいは根抵当権の設定です

担保を設定することにより、融資金が支払い不能となった場合に抵当に入れた家や
土地の不動産を競売にかけて競売し、その競売代金から返済を受けることになりま
す。この担保制度では絶対に貸し倒れにならないと思われがちですが、バブル崩壊
後には殆どの抵当物件が値崩れし、莫大な損失を計上していることから、完全では
ありません。

また、不動産を担保に融資をする場合の抵当権は根抵当権であることが多く、根抵
当権とは予め担保目的物で担保される債権額の限度額を決めておき、この限度額の
範囲内であれば借主が何度借り入れをしてもそのすべてを担保するという制度です。

0

抵当権が設定されたら

実際に融資の担保として家屋に担保設定がされた場合、契約で決められた期日まで
に返済をしなければ、担保物件を差し押さえられることとなります。

差し押さえられた物件は、前述したように競売にかけられた上で換金され、換金さ
れたお金は返済金に充てられます。もしも競売して換金したお金が返済額に足りな
ければ、残金については無担保の融資として新たに取り立てを受けることとなりま
す。

第三者の不動産に抵当権を設定した場合

自分以外の第三者が保有する家や土地に担保設定をする場合を物上保証と呼称し、
不動産を担保に提供した人を物上保証人と呼称します。この場合、借主が借りたお
金を返済できなくなれば、担保に提供した不動産は競売にかけられてしまい、物上
保証人は不動産を失ってしまうことになります。

これは連帯保証人と同じ制度で、物上保証人は自分がお金を借りたのと同様の請
求を受けてしまうことになります。どうしても担保が必要だからと、知人に物上
保証人を依頼することは、物上保証人の生活を崩壊に追い込んでしまうリスクが
あることを、よく自覚しておくべきでしょう。