お金を借りる方法

どうしてもお金が必要の場合

人間、社会生活を営んでいるとどうしてもお金が必要なシーンに直面します。

  • 生活費が足りない
  • 公共料金などの支払いが足りない
  • 金融業者への返済金が足りない
  • ギャンブルやレジャー資金が足りない

お金を必要とするシーンの殆どは上記の項目に当てはまると思います。ギャンブルやレジャー資金などは論外として、その他の場合は、どこかからお金を工面しなくてはなりません。

特に金融機関への支払いが滞ってしまうと、高い遅延損害金が発生する上に、自宅や勤務先へ取り立て屋がくることもあります。したがって、こういった緊急の場合はどうにかして金策をする以外に方法がないのが現実なのです。

金融一覧

お金の借り入れ先

お金を借りる際に一番有利な借入先は、親や知人からの借金です。何より利息が要りませんし、場合によってはある時払いの催促無しといったこともあるでしょう。したがって、先ずは身近な関係者から金策ができないか当たってみるべきです。

もっとも、借りる際にはきちんと返済計画を立案して、確実に支払えるという確信の元、借金を申し込まなければなりません。返済の目途もないのに、親や知人から借金をすることは言語道断です。

消費者金融が一番

しかし、通常の神経を持つ人ならば、身近な関係者に借金を申し込むことは大変な苦痛を伴います。出来れば後腐れのない知人や親以外から借りたいと思うのも大部分の人が持つ感情でしょう。

そういった方は、お金を貸すことを商売としている金銭賃借業者から借りることをお薦めします。ただし、親や知人からの借金と違って、金融業者からお金を借りれば借りたお金と併せて利息を支払わねばなりません。

その利息は借り入れの額が多ければ多いほど高くなっていきますし、借り入れが長期に渡ればそれだけ多くの利息を支払うことになります。したがって、消費者金融や信販会社などからキャッシングをすれば、一刻も早く借金を完済することを考える必要があります。

借入先の選び方

金融会社からお金を借りるにあたっては、絶対損をしない借り入れ先を選ぶことが重要です。借り入れ先には以下の種類が存在します。

  • 消費者金融
  • 銀行ローン
  • 信販会社
  • カードローン
  • 質屋
  • 商工ローン

上記の金融業者の中でも個人融資で一般的なのは消費者金融です。担保が必要となる銀行ローンや質屋と違って、借り入れ人の信用を担保にする融資なので、審査も簡略ですし、当日の申し込みで当日お金が借りれる即日融資といった金融サービスもあります。

金利については銀行ローンが一番低いですが、銀行ローンは審査は厳格でうし、何よりも手続きが面倒です。日頃、銀行と取り引きをしている人なら審査もスムーズに進みますが、日頃から銀行と取り引きのない一般人なら、審査に通るのは困難と言わざるを得ないのが現実です。

したがって、個人の方がお金が借りる場合は、信用を担保とする消費者金融が一番ベストな選択かと思います。

借入審査に通らない理由

金融業者からお金を借りるためには、双方が同意の上で金銭賃借契約を締結しなくてはなりません。お金を借りたい側と、お金を貸したい側の目的が合致してこその契約となります。お金を貸したい側の目的とは、つまりお金を貸して利息を得ることです。

そうすることで営業利益が出すわけですが、上限金利が低くなったとはいえ、まだまだ金融業者のボロ儲けは続いています。それは、消費者にお金を貸して莫大な利息を得ているということです。

しかし、そのような金融業者でもお金を貸したくない人たちが存在します。つまり、そういった人にお金を貸しても利益が出ないと判断したということです。お金を貸しても利益が出ない人とはどういった人でしょうか?

それは、お金を貸しても返済する見込みがない、あるいは返済が滞る可能性があると判断された顧客です。そういった人は、金銭の賃借を申し込んだとしても、審査で落とされることとなります。

審査に通らない人の特徴としては、以下の通りです。

  • 【複数の借入がある】多重債務ということで、返済能力が低いと見なされています。
  • 【収入に占める返済額の多さ】これも返済能力が低いと見なされています。
  • 【年収が低い】一概には言えませんが、年収が高いほど返済能力が高いと見なされます。
  • 【信用情報機関のデータ】過去の借金返済で遅延をしていたり、債務整理をしていれば問題有りとみなされます。

上記の項目で一番多いのが、複数の借入がある場合です。毎月の支払いが足りないから新規の借入をして返済に回そうとしていると警戒されます。

こういった自転車操業をしている人への融資は、金融業者も最大限に警戒されてしまいます。まず大手銀行系のカードローンでは審査に通りません。