お金を借りる

審査甘いブラック

銀行の消費者金融参入

一昔前の銀行業界は個人への信用貸(小口金融)には躊躇していましたが、バブル崩壊後に不動産担保の焦げ付き(不良債権)が発生したことから、消費者金融業界へ参入してきました。今では信販会社、クレジットカード会社、消費者金融といった金融業界の中心は銀行が中心となったのです。その背景にはバブル以降、不況に苦しむ銀行業界を背景に、成長を続けていた大手消費者金融業者の存在があります。当時の大手消費者金融は、いずれも店頭公開を果たして東証二部に上場していました。上場したことによって、それまで公にされていなかった営業利益が公開されることとなったのです。その莫大な営業利益を黙って見ているほど、銀行業界も甘くはありません。たちまちの内に、吸収合併などの方法で参入してくるようになりました。

即日融資

需要の拡大

これまでは消費者金融業者の独占状態だった市場に、銀行が積極的に参入するようになったのです。消費者金融という個人の信用を担保にお金を貸して金利を稼ぐビジネスは、その商品であるお金自体はまったく品質の影響を受けないまったく特殊な世界です。給料として稼いだお金も博打で稼いだお金も価値は同等です。消費者金融というお金を貸して利益をあげるビジネスいは、需要は限りなく存在します。それは市場にあるものは全てお金で購入できるからです。そこで使用されるのがクレジットカードですが、クレジットカードで支払うという行為も無論、借金であることに違いはありません。お金だから当然のことですが、貸した側からしてみればどのようなことに使われるかわかりませんので、クレジットカードによる買い物の借金よりリスクは高くなります。